ヴィーナスホワイトニングセラムの使い方を知って差を付けよう!

 

 

せっかく、シミ対策に効果的な
ヴィーナスホワイトニングセラムを購入しても、
正しい使い方を知らないと効果も半減してしまいます。

 

 

“効果が無かった”

 

“使用感は良かったのに効果は感じられなかった”

 

と途中で諦めないように、
ヴィーナスホワイトニングセラムの効果的な使い方を知っておきましょう♪

 

 

 

 

ヴィーナスホワイトニングセラムの効果的な使い方

 

 

朝晩の洗顔後、化粧水をつけた後に
適量を手に取り、顔全体に伸ばしてなじませます。

 

その際は、強くこすって付けるのでは無く、
肌に負担をかけないためにもハンドプレスをするような感じで付けるようにしましょう♪

 

 

その後、保湿力が足りないと感じた場合は
保湿クリームなどを併用されると良いかもしれません。

 

 

また気になる部分には重ね付けされる事をお勧めいたします。

 

 

 

 

◇お風呂上がりの使用が特におススメ!

 

・お風呂上がりは保湿も十分にされていますし、
毛穴も開いていますので、ヴィーナスホワイトニングセラムが浸透しやすい状態になっています。

 

 

ですから、お風呂上りに使う事で
一晩中肌を保湿する事ができますので、
お風呂上りに使う事を習慣にして毎日使うようにしていきましょう♪

 

 

 

 

◇冷蔵庫での保存がおススメ!

 

 

・特にオイリー肌の方にお勧めなのが、
冷蔵庫に保存してお風呂上りに使う事です。

 

 

ひんやりしたヴィーナスホワイトニングセラムを付ける事で、
毛穴の引き締め効果がアップして、皮脂の分泌を軽減出来ます。

 

 

また、冷蔵庫で保存する事で品質を保つ事も出来ますので、
温度変化が気になる場合は冷蔵庫に保存する事をお勧めいたします。

 

 

 

☆ヴィーナスホワイトニングセラムの効果的な使い方まとめ☆

 

・毎日朝晩使う
・お風呂上りがおススメ!
・気になる所は重ね付け
・優しくハンドプレス

 

 

 

 

お肌のお手入れで気を付ける事とは

 

 

最近、よく言われるようになった事と言えば、
「洗顔は泡で優しく洗いましょう」って事ですよね♪

 

 

しかし、一昔前までは、洗顔ブラシと言うのがあって、
それで顔中をゴシゴシ回しながら洗うと
毛穴の奥まで汚れが落ちると言われていました^^;

 

 

全く逆の事ですよね。

 

 

 

肌は、特に角質層と言われる部分は、
厚さも薄く桃の皮のようだと言われています。

 

 

ですから、ゴシゴシこすると、
それが刺激になって肌に負担がかかり、
肌トラブルを起こす事が分かってきました。

 

 

 

更に、実験でゴシゴシこすって洗った顔と、
泡で優しく洗った顔の汚れの取れ具合をみると、
格段に泡で洗った方が綺麗に落ちているんです!

 

 

 

今まで、どちらかと言うと、
ゴシゴシ洗っていた人にとっては、
最初は物足りなさを感じるかも知れませんね^^;

 

 

何だか、洗った気がしない、見たいな・・・

 

 

私も、その中の一人だったんですが、
半信半疑で泡で洗い始めてから、
鼻の黒ずみが嘘のように落ちたので、それで信用して今でもずっと泡で顔も体も洗っています。

 

 

それまでは、鼻の黒ずみを取るテープの様なものを張り付けて取っていたんですが、
CMで見るようには落ちなかったんですよね^^;(今の若い人には分からないかも・・・)

 

 

それでも、当時はみんな、それを使って鼻の黒ずみを取っていました。

 

この様に、ひと昔前までは
正しいと思われていたことが、
全くの逆だった、と言う事が沢山あります。

 

 

 

洗顔もそうですが、化粧水やクリームを付ける時、
強い力で付けたりすると、それだけでも肌には負担になりますので、

 

なるべく優しく付ける様に気を付ける事で、
スキンケアの効果も一段と違ってくると思います。

 

 

 

ですからヴィーナスホワイトニングセラムも
ハンドプレスするように付けて下さい、と言う事なんですね♪

 

 

>>ヴィーナスホワイトニングセラム公式を確認!